瞑想のススメ

ZOOM 夜の瞑想ヨガ

◉日・木曜 21:15-21:45
静かに座る30分

◉火・金曜 20:00-21:30
やさしい体操と呼吸法の90分

詳細はこちら


日曜と木曜は座る練習をします。
難しいことはしません。
ただリラックスして座るだけです。
火曜と金曜は軽く動いて
心身をほぐしバランスを整えます。


私のヨガクラスの特徴は
瞑想するために集中する状態を作ることに
かなりフォーカスする点だと
今更ながら気付きました。

以前からスタジオのクラスでも
短い瞑想の練習はしていますが、
もっとしっかり取り組む際に
ZOOMは有効だなと、
やっと最近気付きました。


なんだか継続して座れない方、
そわそわしちゃう方、
体が痛くなるという方でも大丈夫です。
どうぞご参加ください。

それ、よくわかります。
私もそうです。(苦笑)
だから練習しています。

できないからこそ、
継続して練習することが大切です。
(と自分に言ってる)


「瞑想はつまらない」
という方は、ただやってみてください。

いいのよ、つまらないの。
そこを突き詰めてみる。

“詰まらない”ってことは
“詰まりがない”ってこと。
むしろ、それ良いのでは。


「毎日時間が作れないし、
夜は疲れてるし、
正直なんのために瞑想するのか分からない」
と思うのも理解できます。

うん。以前の私がそうでした。

まず、瞑想の時間と場所を決めます。

寝る時間と場所、
仕事する時間と場所、
運動の時間と場所を作るのと同じことです。

自らの内面を見つめる時間が、
自分を労って愛しむことだと実感できたら、
瞑想はかけがえのないものになっていきます。


「そうなのだろうけれど、
そこまでいくのが大変でしょ…」
というマインドが働くかも。

やってみると分かりますが、
考えすぎかも。
ただ座るだけで良い。


出来ない理由はごまんとありますね。(笑)
もう、そこはスキップしよう。


私のZOOM瞑想ではテクニックは使わず
ただリラックスして座るだけです。
疲れたら横になっても良いです。
(寝落ちも仕方ないさ)

人にもよりますが、
確かに瞑想の練習は根気が要求されます。

自覚できるような分かりやすい効果は
あったりなかったりします。

でもそこではないんです。


難しい事をせずに、
一回いっかいシンプルに、ただ座る。

瞑想に限らずどんな事もそうですが
継続は必須です。

ご自分の練習を
“他の何ものにも代え難い“という段階に深める。

それを実感し始めると、
瞑想は人生の宝物になります。

私は心から瞑想の練習をおすすめします。
始めるのに遅過ぎることはありません。

全ては自分次第です。
ご自分のために、ぜひ一歩踏み込んで下さい。